健康診断最新情報まとめ


健康診断最新情報まとめ

私達の健康維持に重要な役割を担うのが「健康診断」です。現代はストレス社会と言われており、がんや心臓病、脳卒中といった「三大国民病」を始め、様々な病気に罹る人が多くいます。特に、がんについては年々患者が増加しており、日本人の死因に占める割合も増えています。がんは早期発見すれば寛解しやすい病気であるため、がんに関する健康診断を定期的に受けることが大切です。最近では、特定のがんに特化した健康診断を行っているところも多く、がんの有無や将来自分がかかりやすいがんなどを予め知っておくことが出来ます。また、「乳がん」や「子宮がん」、「卵巣がん」などといった女性特有のがん専門の健康診断もあります。女性特有のがんは、20代の若い女性でも罹患する可能性が高いため、定期的に健診を受けることでこれらのがんを未然に防いだり、早期発見をすることが出来ます。特に日本人は、欧米に比べてがん健診を受ける人が少ないと言われています。定期的に健診を受けて、健康維持に努めましょう。

5分で分かる健康診断の基本

健康診断とは労働基準法で定められている会社の福利厚生の一環なのです。企業は社員の健康増進に努め、社員の健康を把握した上でしか業務命令ができないのです。また仮に健康診断で病気や疾患が発見されれば、健康指導を行い病気に支障をきたさない範囲の業務を命令しなければいけないのです。また検診でがんなどが発見されれば、再検査を会社は社員に受けさせなければいけないのです。検診は年齢で区切り大きく二分され実施されます。35歳未満を一般検診、35歳以上には成人病検診を受けさせなければいけません。検査項目に胃がん検診のバリウムが実施されるか否かが見分け方と言っても良いでしょう。検診の病院施設では主にレントゲンやバリウム検査、聴力、視力、採決、身長体重測定などの検査が実施されます。しかし大腸がんなどの検査などは事前に自宅で便を採取したり、採尿したりする必要がありそれを検査当日に忘れないように病院にもっていかなければいけません。